兵庫心友会

  • HOME
  • 兵庫心友会

心友会とは?

私たちは兵庫心臓病者友の会(兵庫心友会)です。
全国心臓病の子どもを守る会兵庫県支部の内部にある、心臓機能障害者本人のための自主グループです。
患者自身が会活動を通して、通院している病院の違いや地域を越えて、患者同志の交流や情報交換をすることを目的として活動しています。
質の高い生活とは、心臓機能障害をもっていても、物質的・精神的に充実した日々をすごし、豊かな人生を歩みたいと考えています。
クオリティ・オブ・ライフ(生活の質)の向上を目指す全ての心臓機能障害者の方々とともに歩みませんか?

会員について

15歳以上の心臓病者本人であれば、どなたでも参加できます。
先天性の方だけでなく、後天性の心臓機能障害の方、また他の病気をおもちの方もおられます。
会員は、15歳から60歳以上と幅広い年齢層ですが、集まると和やかにおしゃべりの輪が広がります。

10代は、進路について気にかかります。
20~30代は、就職や結婚という人生の節目の大きな課題があります。
40~50代になると、こどもの成長とともに、いろいろな問題に頭を悩ませることが多くなります。
子育てや職場での悩み、親の介護などさまざまな問題に直面することもあります。
60歳以上になると、自身の老後や、セルフケア(体調管理)で悩まれることがあるかもしれません。

さまざまな世代の会員がいる中で、お互いに情報交換する場として交流会を開いています。
この生きた情報こそ、一人ひとりがより質の高い生活に近づく手がかりになることでしょう。

活動について

  1. 心臓病に関するさまざまな勉強会を開きます
  2. たんぽぽ交流会・・・不定期ですが交流会を開いています
  3. 一年に一度、心友会本部が開催する「全国交流会」に参加できます
  4. 日ごろの悩みの相談を受けます
  5. 病気をもつ患者の先輩として、病気をもつ子どもたちの保護者に助言します

会の活動報告や会員の声、医療・福祉制度についての情報を掲載した、守る会の機関誌「心臓をまもる」を毎月お届けします。
そして、兵庫心友会のお知らせは「兵庫県支部会報」に「Hearty Friend」のページがあり、会員への広報としています。